菊花賞2着馬サトノノブレス 小倉記念は小回りへの対応が鍵

   

 今週日曜の小倉メーンは小倉記念(G3、芝2000メートル、10日)が行われる。

 菊花賞2着馬サトノノブレス(牡4、池江)は小回りへの対応が鍵となる。池江師は「状態はまずまず。小倉の2000メートルという条件はもうひとつかもしれないけど、うまく流れに乗れば。秋を見据えて結果を出してほしい」と期待を寄せる。

池江師は結果望む/小倉記念(日刊スポーツ)http://t.co/baqbwV6tQe

  • 日本ダービーを制したワンアンドオンリー(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡3歳)は、今月20日に帰厩。秋は神戸新聞杯(9月28日、阪神、GII、芝2400メートル)をステップに、菊花賞(10月26日、京都、GI、芝3000メートル)を目指す - サンケイスポーツ http://t.co/o7l15Lvbon
  • 2歳競走体系大幅に見直し…秋季競馬番組発表 - スポーツ報知 http://t.co/9L3RFoHQSO

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 菊花賞