2012年 第60回 神戸新聞杯 レース後のコメント

      2012/09/24

阪神11Rの菊花賞トライアル、第60回神戸新聞杯(GII、3歳、芝2400m)は1番人気ゴールドシップ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2 分25秒2(良)。2馬身1/2差2着に8番人気ロードアクレイム、さらに1馬身3/4差で3着に2番人気マウントシャスタが入り、上記3頭が菊花賞の優 先出走権を獲得。

ゴールドシップは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母ポイントフラッグ(母の父メジロマックイーン)。通算成績は8戦5勝となった。

2012年 神戸新聞杯 レース後のコメント

1着 ゴールドシップ(内田博騎手)
「スタートしてすぐコーナーですから、外を回らされるロスのあるレースにしないように、脚をタメて行くことにしました。直線も長いですからね。動き出し は、前の馬を見ながら早めに行きました。直線は何が来るか気にはなりましたが、タイトルホースですからね、負けられませんよ。とにかく、いいステップを踏 めたことが良かったです。春に比べて、仕掛けての反応がいいですね。菊花賞でも十分チャンスがありそうです」

2着 ロードアクレイム(福永騎手)
「まだ余裕がありそうです。ただ、ここを使って上積みはありそうです。距離は延びても大丈夫です」

3着 マウントシャスタ(川田騎手)
「久々で返し馬から力んでいました。レースでも前半から力みながら走っていました。4コーナーでは誘われるように内へ入って行きましたが、結果としていい進路ではありませんでした」

4着 ユウキソルジャー(秋山騎手)
「今日は勝負に行きましたが、タイトルホースは強かったですね。でも頑張ってくれました。このまま順調に行けば強くなってくれると思います」

5着 ローゼンケーニッヒ(小牧騎手)
「今日は折り合い最優先。ただ、ゲートはまだ課題があります。でも力はあるところを見せてくれました」

6着 エーシングングン(幸騎手)
「乗りやすい馬です。坂下からひと伸びしてくれましたし、距離は長い方がいいでしょう」

7着 ヒストリカル(浜中騎手)
「道中は有力馬を見ながら、いいリズムで追走出来ました。直線は一瞬伸びかけたのですが、本当に一瞬でしたね。少し軟らかい馬場も影響したかもしれませんが、2400mも長いかもしれません」

8着ミルドリーム(江田照騎手)
「1〜2角で少し行きたがったけど、すぐ折り合いがついた。この距離だともう少し後ろからの方がいいのかな。」

9着 カポーティスター(武豊騎手)
「折り合いはつきましたが、4コーナーでは手応えがありませんでした」

10着ベールドインパクト(四位騎手)
「折り合いは大丈夫だった。4角をまわって手応えがなくなったのは久々の分もあるかな。」

11着メイショウカドマツ(藤岡佑騎手)
「2番手でも特に問題はなかったです。しぶとさが武器なんですけど、踏ん張りきれませんでした。」

13着フミノポールスター(太宰騎手)
「千八くらいの方がよさそうです。きょうは結構早くこられてしまいましたし。」

14着テイエムハエンカゼ(国分優騎手)
「折り合いに気をつけました。芝のスピード競馬にも対応できましたけど、相手が強かったですね。」

15着ナムラビクター(和田騎手)
「硬いわけじゃないんだけど、結果的に芝は良くなかったのかな。」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 神戸新聞杯 , , , ,